本文へスキップ

F.O.R(エフオーアール)はライフサイエンス分野で活躍する人の「Career」を多面的に支援します。

転職をお考えの方

転職成功事例

施設長として新たなステージへ

(40代後半 男性)
前職: 介護施設 副ホーム長 職
転職先: 施設長


Q.転職を考えられたきっかけは?

副ホーム長として中堅規模の介護福祉事業会社(介護付き有料老人ホーム)で活躍してきた山田さん しかし、事業会社の経営状況や運営方針など、将来性に不安を感じはじめたことがきっかけで、施設長として新たなステージへいくことを考えるようになったようです。
F.O.Rに転職相談の問い合わせをしたところ『生活相談員、サービス提供責任者、介護支援専門員、施設長、ブロック長、事業部長のポジション」と多数の管理系の求人案件があることを伺い、これまでのマネジメント経験を活かし更にワンランク上のポジションを目指したいという思いになり転職に踏み切りました。
施設長になった後のキャリアパスも青写真が描け、先々を見据えて是非チャレンジしたいという強い気持ちになりました。

Q.転職する決め手

私は数ある求人案件の中で、とくに地域に根差した施設運営をしているA社のお話を伺うことにしました。 A社は、大手資本系の事業会社で、東京近郊で30施設を展開しており、来期はさらに7施設オープンの予定です。在宅系介護事業としてデイサービスからショートステイ、訪問介護、居宅介護支援、小規模多機能型介護 また、居住系介護サービスでは介護付き有料老人ホーム、グループホーム、サービス付高齢者向け住宅とトータル的に複合福祉サービスをワンストップで行っている事業会社でした。
これまでは、有料老人ホームのみの経験でしたが、これを機にワンランク上のポジションでさらに幅広く他形態の施設運営を見るチャンスだと思ったわけです。
なんといっても、社員一人ひとりが夢や希望・志をもって積極的に業務に取り組む風土が魅力的でした。
現在は施設長として責任あるポジションで、あらゆる高齢者に『皆が笑顔で安心して健やかにアクティブに生活を送れる空間』を提供しつつ、スタッフの育成・教育から、組織の管理、施設運営など管理者業務全般行っております。
今後は私自身、将来を見据えて会社とともに大きく成長し介護福祉分野で是非活躍し続けたいと考えております。

Q.F.O.Rをご利用して

最初に転職相談をさせていただいてから、面談、企業との面接、内定までと約1ヶ月間スムーズに転職活動をすることができました。
大変お世話になりました。
一人で転職活動をしていたら、日々の業務に忙殺されていたため、求人探し、面接対策などの時間を割くことはとてもできなかったと思います。
担当コンサルタントの方からはカウンセリングから的確なアドバイス、職務経歴書の添削、模擬面接、内定にいたるまでのこまめにフォローもしていただき大変感謝しております。
新天地で活躍し、今後も引き続きサポートしていただけたらと思います。