本文へスキップ

F.O.R(エフオーアール)はライフサイエンス分野で活躍する人の「Career」を多面的に支援します。

転職をお考えの方

転職成功事例

大手製薬メーカーからバイオベンチャーへのチャレンジ!!

(30代後半 男性)
前職:内資系大手製薬メーカー研究開発専門職
転職先:バイオベンチャー研究開発専門職


Q.転職を考えられたきっかけは?

新卒で入社した製薬メーカーで経験を積み、海外に1年ほど出向する機会に恵まれました。帰国後、これまでの業務が物足りなく感じるようになったため、国内外に刺激を求め、選択肢のひとつとして転職を考え始めました。

Q.どのように転職活動を進めましたか?

インターネットで転職総合サイトに登録しました。スカウトを送ってこられた転職コンサルタントの方が製薬メーカー出身の方で、かつ、人材紹介以外にもバイオベンチャーの戦略支援もされているとのことで、製薬メーカーとベンチャーのそれぞれのメリットデメリットを丁寧に教えて頂きました。非常に共感できる内容であったため、30代のチャレンジとしてベンチャーを中心に転職活動を進めました。

Q.転職活動において、F.O.Rはどのようにお役に立てましたか?

各案件の内部事情に精通されており、パイプラインのみならず、経営陣や一緒に働くことになるマネジャーの方々の考え方、性格など詳しく教えて頂きました。また、ベンチャーはどうしようもない事情でつぶれてしまうリスクは避けられませんが、ベンチャー数年で得る経験は大手メーカーで一生かかっても得られない可能性があるという私の考えに共感頂き、安心して転職活動に取り組むことができました。

Q.紹介会社を介して転職したメリットは?

大手からベンチャーに行くことを決断する際に、転職コンサルタントの方に待遇面の交渉をやっていただき大変助かりました。福利厚生の面で見劣りすることは理解できてはいたのですが、いざ金額を提示されると正直かなり隔たりがあると感じました。転職コンサルタントの方がストックオプションの確保や、外部研鑚費の会社負担など、非常によい条件を交渉により獲得していただき感謝しております。

Q.今、転職活動中の方や今後転職を考えている方へのアドバイスをお願いします。

大手においても早期退職など身分は不安定な時代になってきたと思います。機会があれば早めにチャレンジしてみることをお勧めします。私の場合はベンチャーに転職しましたが、転職活動の結果として、転職しないという選択肢もありだと思います。まずは、製薬、ベンチャーに精通した転職コンサルタントと話をしてみるだけでも勉強になりますよ。

Q.今後のキャリアビジョンは?

私が飛び込んだのは再生医療のベンチャーです。大手にはないフットワークをいかして、日本及び世界にインパクトを与える製品を世に出したいと考えております。