本文へスキップ

F.O.R(エフオーアール)はライフサイエンス分野で活躍する人の「Career」を多面的に支援します。

F.O.Rについて

CSR活動CSR

規模の小さな活動ですが、未来ある子どもたちがより良い人生を過ごせるための機会−opportunity−を提供できればと、フィリピンにおいて現地NGOの協力の下、2011年より奨学金提供の支援を続けています。

活動紹介

奨学金(大学進学)

2013年奨学生・デヴィン

2013年 奨学生・デヴィン

2016年奨学生・デヴィン

今年(2016年)は4年生になり、
夏にはフィリピン中央銀行でのインターンシップに参加!


「大変なのは自分だけじゃない。早く仕事に就いて親を助けたい」
「NGOの支援のおかげで小学校を卒業できた。
正社員の仕事に就き、両親や小さな妹弟に楽をさせたい」
大学卒業はそのための大切な過程です。

2013年奨学生・メリージョイ

2013年 奨学生・メリージョイ

「大変なのは自分だけじゃない。早く仕事に就いて親を助けたい」
「NGOの支援のおかげで小学校を卒業できた。
正社員の仕事に就き、両親や小さな妹弟に楽をさせたい」
大学卒業はそのための大切な過程です。

2015年奨学生のジェサ(左)とポウリーン。

ジェサは経営学、ポウリーンはコンピュータ・システム
プログラミングを 地元の公立大学で学び始めました。
目標はビジネスパーソンとIT技術者。4年後に期待!


背景

首都を中心に小学校・高校の入学率は高まってきているフィリピン。ただ、高校を終えても十分な待遇とキャリアにつながる仕事へ就くことは難しく、より良い将来を手に入れるためには、専門知識や技術を身に付けられる大学・専門学校へ進むことが必須となっています。しかし、フィリピンの多くの高校生たちにとって、大学や専門学校はまだまだ大きな夢。特に都市や農村の貧しい家庭の子供たちは、たとえ入学できたとしても学費や通学にかかる費用が賄えず、志半ばで学業をあきらめざるを得ない場合が多くあります。奨学金などの支援制度も十分ではなく、全国で大学卒業を迎えられない学生の数は7割とも言われ、その多くが経済的困難を中退の理由に挙げています。

活動

高校を終えても経済的な理由で進学できない子どもたちのために、大学で学ぶための費用を卒業まで支援しています。高等教育を受けることで、卒業後の進路や職業において複数の選択肢を持てるようになり、将来のキャリアに対する希望も生まれます。今は、自身のことよりもまず親兄弟の生活を心配する彼らが、早く貧困という負の連鎖を断ち切り、自分自身でコントロールのできる人生を歩んでもらいたいと願っています。

最新ニュース

2011年から始まったF.O.Rの奨学制度。2015年以降、無事に大学の課程を修了した奨学生が卒業を迎えています。4年間、大学の勉強と多くの課題をこなしながら、NGOがコミュニティで行う活動にも積極的に参加し、中心的役割を果たしてきた彼ら。多くが卒業後も、地域の活動に関わり続けます。

2011年初代奨学生のラケル(左)

2011年初代奨学生のラケル(左)

卒業式のプログラム

卒業式のプログラム


2015年無事に卒業を迎えました。
投資銀行の事務職として社会人生活を開始し、今はとても充実していると話していました。
(往復4時間のバス通勤はかなり大変なようですが・・・)。

2012年奨学生のアイヴァン

2012年奨学生のアイヴァン

アイヴァンが通ったナボタス市にある大学

アイヴァンが通ったナボタス市にある大学


2016年4月に卒業式を迎えました(右はお父さん)。

学用品提供

今日からできる!身の回りで使用しなくなった物。まだ、必要としている子供たち、先生方がたくさんいます。

フィリピンの子供

フィリピンの公立学校の学費は無料ですが、かばんや靴、文具など学校に必要なものは各家庭で準備をしなければなりません。それが用意できないがために学校を続けられず、また意欲が低下し結果的にドロップアウト(退学)してしまうケースも多くあります。データでは、入学者100名のうち6年生まで終了できるのは約6割。4割の小学生の退学理由は極度の貧困と言われています。「無料」でも、学校へ通い続け卒業を迎えるのは簡単ではない現状がみられます。

フィリピンの子供2

また、都心から遠く離れた農村や、先住民族の人々が多く通う山村の公立学校では、授業に必要な器具や教材も不足しており、親や教師、子どもたちの教育に対する意識や要求が高いにもかかわらず、質の高い授業が提供できないという状況もあります。
支援においては、親はもちろん、地域の人たちの協力もしっかりと得て、受益者の依存心が強まらないようなサポートを行うことが最も大切ですが、もし私たちの身の回りで使っていない、捨ててしまうかもしれないもので、そのような子どもたちに役立つものがあるのであれば、是非彼らの将来のためにも、資源の有効活用のためにも、無駄にせず提供していきたいと考えています。

*求めている品一例
・ノート(書き込みのあるノートでも構いません。お手数ですが、書き込みのあるページを切り離してご提供下さい)。
・鉛筆、ペン、消しゴムなどの文具
・楽器(ピアニカやハーモニカなど)
・バッグ、リュック(通学に使えるもの)
・衣類(子ども・大人両方の夏物を歓迎致します)
・スポーツ用具(バレーボールなど)
・運動靴、上履き
・理科実験器具
・顕微鏡
・英語の本 等々

※品物によってはお受けできないものもございます。予めご了承ください。
※ご送付頂ける場合は、事前に品物の詳細を含め、弊社までメールまたはお電話でご連絡
 下さい。ご送付方法をお伝え致します(送料ご負担をお願い致します)。
  担当: 川畑

2013年奨学生・デヴィン

日本から送られたピアニカ。
ただ、今は一台しかないため
皆で交代で使っています。

2013年奨学生・メリージョイ

日本のNGOから送られたバレーボール。
ボール一つで始められるスポーツとして、
バスケに次いで流行りそうです。


パートナー紹介

私共の現地のパートナーは、Konkokyo Peace Activity Center Information Office, Inc. (KPACIO)というNGOです。フィリピン・マニラで1996年に活動を開始。貧困からの脱出、人権の擁護、そして世界平和には『教育』が欠かせないと、子どもたちへの教育プログラムを中心として、保健衛生、マイクロクレジットなど、地域に根差したプロジェクトを献身的に実施しています。

ジャックさん、ハリエットさん

(左からオフィスマネージャーである)
ジャックさん、ハリエットさん

コミュニティにて

コミュニティにて